klia2→クアラルンプール市内への移動方法、及びツインタワー観光

マレーシアでは涼しいところと暑いところを両方経験できた。

やっぱ涼しいと過ごしやすいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
カンボジア・シェムリアップ市内から空港まではトゥクトゥクで7ドル。

エアアジアを利用してクアラルンプールへ飛んだため、空港はklia2の方へ到着した。

klia2から市内まで安く行く方法に、バスがある。

税関を出て到着ロビーに出たら、外に出ずにそのまま左へ真っ直ぐ行く。

案内があるので迷わないかとは思うが、バスの発着地は一つ下の階にある。

KL

チケット売り場で行き先告げれば、そこまでのバスのチケットを売ってくれる

(安宿の集まるチャイナタウンまでは10RM.300円ぐらい)

ちなみにここからマラッカやシンガポールなどへバスで行くことも可能みたいだ。

空港からチャイナタウンまではおよそ1時間ほどで着く。

途中ところどころに立ち並ぶ高層マンションや、きれいに整備された高速道路に、

ここマレーシアの発展ぶりを感じる。

タイ〜カンボジアと東南アジアを周ったが、ここが一番先を行ってるのではないだろうか。

バスはプドゥラヤバスターミナルの近くに止まる。

ここからチャイナタウンのメインストリートまでは歩いて3分ほど。

他にも鉄道を使う方法があり、値段が3倍近くなるが、所要時間は30分短くなる。

でもそれぐらいの時間差だったらバスの方がいい気がするな…

さて、チャイナタウンに宿を見つけたら、ここクアラルンプールで一番の名所とも

言えるツインタワーに行ってきた。

簡単な行き方は、パサールセニ駅から電車で行く方法。1.6RM、10分で着く。

それとは別の方法で、クアラルンプール市内を無料で走るGO KLバスを乗り継ぐ行き方がある。

クアラルンプール市内には無料のバスが4路線走っていて、

それらをうまく使えば色々なところに無料で移動できる。

ツインタワーへは、パサールセニ駅前からパープルラインに乗り、

パビリオンでグリーンラインに乗り換え、KLCCで降りれば目の前だ。

こちらは道路状況や乗り換えによるが、僕らが行った時(土曜の夕方)は道が混んでたので

1時間ほどかかった。

無料だけど、往復3.2RMなら電車使って行った方が良いと思う。僕らも帰りは電車を使った。

どの路線でもバスの色はピンク色

KL KL

切符代わりのトークン。改札入る時はスイカみたいにタッチ、出る時は投入します。

KL

4年前は昼見ただけだったが、今回はライトアップされたものを見るため夜に来た。

ライトアップされるととても綺麗で、近未来的な建物に見える。

片方は日本企業が、もう片方は韓国企業が建設したらしい。どっちがどっちだろう…

デートスポットなのか、タワーの下にあるショッピングモールやその周りには地元の人もたくさん。

展望台に上ることも出来るみたいだけど、高いし登らず。

そういえばスカイツリーもまだ上ってなかったな…

そうそう、ここのショッピングモールにはユニクロがあったよ。値段は同じか少し高いぐらい。

KL KL

4年前に来た時も思ったけど、ここクアラルンプールは東南アジアとは思えないぐらい栄えてる。

高層ビルやマンションはどんどん建てられていくし、

綺麗なショッピングモールや外資系の店もたくさんある。

道路も綺麗に舗装されてるし、何よりバイクが少ない。車ばかりだ。

ただ、そうしたインフラや住居の発展に比べて、町の人々の佇まいはまだまだ

他の東南アジア諸国と大きな差はなさそう。

僕らが滞在している場所の問題かもしれないけれど、衛生面を何も考えてなさそうな

食堂だったり、物乞いだったり、多々ある携帯屋だったり。

成長がボトムアップではなく、トップダウン、いや、むしろ上の方だけどんどん成長して

差が広がっているのではないだろうか。

もちろんそれは他の東南アジア諸国にも言えることなんだけど。

全体的にレベルが上がっていくのって、一体いつからなんだろうね。

日本ではそこまで大きな差を感じないからな。

もちろん上を見たらキリはないけど、普通のレベルが途上国と比べたら桁違いに高いもんね。

高速道路は日本のそれと全く変わらない

KL

一度日本の大正、昭和時代にタイムスリップしてみたい。

きっと同じような風景があったはずだよな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です