NY。リアル「ダムダム、ガムガム」に会ってきたぞー

New York

ボストンからニューヨークまではバスで4時間ほど。

South Station発のバスを事前に予約しておいたので、後は発着場にて乗車するのみ。

ネット予約でチケットを印刷していなかったのが気がかりだったが、画面を見せるだけでok.

航空券もそうだけど、未だに印刷しないとダメってところもあるから厄介。

一応事前に調べてはいるけど、それでも安心はできないからね。

経験上先進国でネット予約する場合は、印刷しなくて良いパターンが多い気がするけど。

boston boston boston

このバス、到着地点がタイムズスクエア近くだったため、初タイムズスクエアはバスからの

眺めとなってしまったのが残念。まぁしょうがないんだけどね。

バスを降りたら地下鉄で移動。メトロカードを券売機で購入し、チャージして使う形になる。

映画の中ではよく見る光景。実際その地に立ってみると、なんていうか、暗い。

なんだろう、真っ暗ってわけでもないんだけど、どことなく雰囲気がダークなんだよね。

夜遅くに一人で乗るのはためらわれるぐらい。東京とは雰囲気が全然違う。

New YorkNew York

日本人宿はわからないけど、それ以外ではニューヨークに安宿は存在しない(多分)。

僕らが泊まるところも一泊80ドル(約9000円)。セントラルパークに近いので

立地は比較的良い方だと思うが、宿のクオリティは結構ひどい。アジアの安宿と同レベルか

それ以下と言っても過言ではない。

バックパッカーにはちょっとキツイ場所だ。なのでニューヨークは2泊のみ。

さて、宿に荷物を置いたら早速観光開始。

まずはセントラルパークのすぐ横にあり、映画「ナイトミュージアム」の舞台にもなった

アメリカ自然史博物館へ。

ここの入場料はなんと寄付制。券売機やネットでチケットを買うと定額払う必要があるが、

窓口で直接買う分には支払う額は自分で決められる。

博物館に充てられる予算はないけど、どうしても中に入りたい。

ここは出世払いと言うことで、とりあえず申し訳程度に払っていざ中へ。

(いつかちゃんと定額で入りに来るよ)

New York

中に入るといきなり恐竜(の骨)が出迎えてくれる。

New York

博物館内はとにかく広くて、1つ1つちゃんと見てたら多分1日でも

周り切れるかどうか微妙。

各文明ごとの展示、人間だけでなく、動物の資料もたくさんあり、かなり見ごたえがある。

メッチャ面白くて最初はゆっくり見てたけど、時間がなかったので

途中からは駆け足になってしまったのが悔やまれる。また今度ゆっくりと見学したい。

子供への歴史教育にはほんと良い場所だよここ。学校の机の上で学ぶんじゃなくて、

ここに来てこれらの展示物を見ながら学んだ方がよっぽど楽しそうだ。

New York New York New York New York New York 我らが日本の展示も!!New York New York New York New York New York New York

そしてここに来た最大の目的は、ナイトミュージアムに出て来たモアイを見ること。

「ダムダム、ガムガム」は恐らくあの映画の中で最も存在感のあるキャラクターの一つだ。

そんな彼が本当にいるのか、それともあれは映画の中だけなのか。

結果、彼は実在するということが判明した。

さすがにしゃべりはしなかったが笑。

New YorkNew York

ダムダム(モアイ)にも会えて満足したので、博物館を後にすることに。

2~3時間ぐらいいたかな。全然時間足りなかった。今まで見た博物館の中でここが一番

大きくていろんなものが展示されてた気がする。そして何より面白かった。

外に出ると辺りはすっかり暗くなっていた。

夜のニューヨーク、次の目的地はタイムズスクエアだ。

ここもニューヨークでは有名な場所だし、恐らく多くの人がテレビか映画で見たことが

ある場所だろう。個人的には、ここにはアメリカの新年っていうイメージがある。

ここでボールが落ちるんだよな~アメリカいたときテレビで見た気がする。

それだけ有名な場所なので、もちろん観光客もたくさん。そして彼ら相手に商売をする人も。

そこら中に色んなキャラクターのぬいぐるみ着た人たちがいて、一緒に写真撮ってチップを

せがんでくる。うん、これは正直うっとおしい。

New York New York New York

少し近くを歩けば、M&Msやらライオンキングやらの看板が目に入る。

あぁ、ニューヨークに来たんだな。そんなことをひしひしと感じさせられる場所だ。

歩いてるだけでとにかく楽しめる。(ちなみに大戸屋も発見した)

New York New York New York

そうそう、このあたりを歩いて思ったのが、お土産屋兼ちょっとした電気屋が多く、

しかもどこの店もぼったくってきそうな気配がメッチャするということ。

東京ではあまり見かけない感じの店。多分中国人がやってるのかな。

iPhoneの充電ケーブル探しにいくつか入ってみたんだけど、なんか汚らしいんだよね。

もちろんそんな店だけじゃなくて、ブランドショップとか洗練されたお店もものすごく

多いんだけどね。あ、あとホットドッグの屋台が多い(これは朝の方が多いけど)

住んでみたいけど・・・東京と比べるとどうなんだろうね。

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です