赤ワインが蛇口から出てくるなんて!~スペイン巡礼6日目~

スペイン巡礼6日目

5時50分起床。

今日は周りもだいたいみんな同じくらいの時間に起きたようだ。

いつも通り自分のシーツと毛布を片付け、朝食を食べて身支度を整え、6時55分に出発する。

歩き始めて30分弱ぐらいか、何やら人が沢山いる場所があったので見てみると

なんと赤ワインが出てくる蛇口があった。

二つ並んでいて、左の蛇口からは赤ワイン、右の蛇口からは水が出るようだ。

早速僕らも頂いてみる。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

タダで飲めるだけあってそこまで美味しくはない(と思われる)。

でもこれ持ち運べたら料理とかちょっとした時に飲むようによかったかもしれない。

そういえば日本の愛媛県にもみかんジュースが出てくる蛇口があるとかなんとか。

あれは都市伝説なのだろうか?

今日の行程では、最初の10km程がほとんど登りとなる。

いきなりずっと登りはキツいかと思いきや、何故か足の調子が絶好調。

もちろん多少の痛みはあるものの、かなり速いペースで歩くことができ、

あっという間に10km地点である丘の上の街に到着。

いつもならここで一回休みを入れていると思うが、

今日は調子がいいうちに距離を稼ごうと歩き続けることに。

だがその後の道のりはずっと田舎道で、ほぼ平坦ではあるものの腰を下ろして

休めるようなところがまともに存在せず、休まず歩き続ける羽目になってしまった。

何故か(恐らく赤ワインパワー?足には)あまり疲労も痛みも感じないのだが、

長時間休みなしだと肩の痛みが顕著に現れてくる。

荷物を一度下ろして少しでも休めばだいぶマシになるが、なかなか降ろせる場所もなく大変だった。

このスペイン巡礼、初日は山越えだったので別だか、

それ以降は大体同じような感じの道のりが続いている。

田舎道を歩いては街中を歩き、また田舎道に入るといった感じだ。

もちろんそれでも今のところ楽しく歩けている。

歩いて旅するという行為そのものが楽しいからね。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

そういえば日本には四国お遍路というものがある。

詳しくは知らないし、その存在を知ったのもスペイン巡礼を知ってからなのだが、

そっちはどんな感じなんだろう?

スタートが同じ日で毎日どこかのタイミングで抜かされる日本人男性2人組の方々がいるのだが、

ペース速いなーと毎日思っていたら実は四国お遍路のプロなんだとか

(もう5回も歩いたことがあるらしい!)

話を聞いたところ、そっちは日本の里山風景が美しいし、海岸沿いを歩けるから

今のところ彼らにとっては四国お遍路の方が良いとのこと。

予算的には絶対四国お遍路の旅の方がかかってしまいそうだが、いつかそっちも歩いてみたい。

今は世界を旅しているが、やはり日本人である以上日本もいろいろなところを旅してみたいしね。

むしろお金の問題がクリア出来れば、世界一周した後すぐ日本も一周したいぐらいだ。

そうして旅する中で、今後住む場所を決めてみたい。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

何もない道をひたすら歩き続けるスペイン巡礼6日目

この標識を見つけるたびに、後~キロだー!ってスペイン巡礼6日目

誰がやったか知らないが、粋な計らいだスペイン巡礼6日目

まともに腰を下ろして休むところもなくひたすら歩き続けた結果、

なんと今までで一番早い時間に目的地に到着してしまった。

12時前に到着したのは初めてだ。赤ワインパワー、恐るべし。

アルベルゲは12時オープンだったので丁度良かった。

むしろ次の街があと7キロ先だったので、プラス2時間かけても14時着ということを考えれば

行ってしまっても良かったのだけれど、まぁまだ6日目だしそこまで急ぐこともないので、

予定通りここでストップ。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

たくさんの小型動物たちがお出迎え

スペイン巡礼6日目

シャワーを浴び洗濯を済ませるといういつもの作業を済ませ、お店探しに街に出る。

一応巡礼の旅なのに今まで一度しか教会に入っていなかったので、

この街では教会に入ってみることに。

どことなく入りにくい扉を開けて入った先には、やけに派手な内装の空間が広がっていた。

言い方を変えれば、神々しくて落ち着く素敵な空間が広がっていた。

レコンキスタの頃から始まった(はず、詳しくはまた今度もう一度調べてみる)巡礼の旅

という行為。昔の厳格なクリスチャンの人たちは、いったい何を想いながら

歩いていたのだろうか。

今はこの巡礼も一種のアクティビティのようであり、お酒もタバコもありのゆるゆる旅だが、

昔はもっと厳格だったに違いない。

そうして歩いた先に、人々は何を想い何を見出したのだろうか。

そして自分も。その時が楽しみだ。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

この日は街の大きめのスーパーは休みだったらしいので、パン屋さんで食料を調達することに。

しかしこのパン屋がなかなかくせ者だった。

店員は愛想もないし態度もあまり良くなく、更に全てのものがスーパーで買うより2〜3倍する。

それでも自炊の方がまだ安いので自炊したが、ちょっと悔しかった。

スペイン巡礼6日目 スペイン巡礼6日目

スペインの食品店事情は、日本人にとってはあまり良くないと思う。

なんでかって、とにかく休みが多すぎ!日曜やってなかったり、

14〜17時ぐらいはお昼寝タイムで店閉めたり(そのくせ朝10時オープンの夜8時までとか)。

そりゃ経済事情悪くなるわけだ(と表面的なところだけ見たら思うのだが)。

まぁ、日本人の働き過ぎよりは良いのかもしれないけどね。

~本日の行程~

日時:2015年9月7日

区間:Estella – Los Acros

距離:約21km

時間:約5時間 (6:55 – 11:40)

天候:晴れ

気温:15~25度ぐらい

アルベルゲ:Isaac Santiago (6ユーロ)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です