カシュ→アンタルヤへ。物価が安く観光客が少ない都市だよ。

アンタルヤ

落ち着いてて居心地の良かったカシュを離れ、トルコ最後の街アンタルヤへと向かう。

カシュからは30分おきにミニバスが出ており、移動時間は4時間ほど(28リラ)。

このバスもグネグネ道を結構飛ばすので、酔いやすい人は早めに寝てしまった方が良い。

トルコ人の運転もほんと荒い。途上国は大体どこでもそうだけどさ。

アンタルヤはイスタンブールみたいな大都市なので、街中にトラムが走ってる。

バスターミナルから中心地まではトラムで片道3.5リラ(初回の価格。2回目以降は不明)

あらかじめmaps.meアプリで宿の最寄りの駅を調べておいてそこで降りたのに、

駅名が変わったのかmaps.meがそもそも間違っていたのか、最寄り駅は別の駅だった

みたいで結局20分ほど歩く羽目に(本来なら駅から徒歩5分)。

よくよくアプリの地図見てみると、同じ駅名2つあるじゃん・・・なんだこれ。

とにかく宿にはたどり着けたので、その日はのんびり。

アンタルヤ

アンタルヤは都会だが物価は安いらしい。

ケバブも茶も、恐らくほとんど何もかもが今まで訪れたところより安い。

観光地ばっかり訪れていたからということもあるが、こうも違うものなのか。

ショッピングモールのフードコートの食事ですら、今まで行ったレストランや食堂より

価格が安めに設定されている気がする。ありがたい。

ちなみにスーパーでも色々と安く買えるが、安いパンとヨーグルトはおススメしない。

値段相応の味、むしろそれ以下の味がする。

フルーツはおススメ。みかんとか日本のと同じぐらい美味しかったよ。

トルコで一足先に冬を感じた。

アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ

翌日、アンタルヤの観光エリアであるカレイチ(旧市街)に行ってみることに。

観光エリアと言ってもアジア人はほとんどおらず、少し欧米人がいるぐらいか。

日本人はほとんど来ないのか、決まって声をかけられるときは

Chinese? Korea? からの

“Where are you from?”

“Japan?”

って感じ。

イスタンブールとかカッパドキアとかではほとんどいきなりJapanって言われるのにね。

アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ

アンタルヤは海辺の街なので、やっぱり海に行きたい。

とは言えもう季節は秋(ここアンタルヤの日中は27度ぐらいあったけど)。

有名なビーチが3km程離れたところにあったらしいけど、泳げないのでそちらは行かず。

代わりに旧市街にある周遊ツアー船がたくさん出ている港に行くことに。

面白かったのが、船が海賊船仕様になっていたところ。何故??

と思って調べてみたら、どうやら古代ローマ時代にこの辺りは海賊に支配されていたらしい。

その名残ってことなのかな。乗ってみたかったけど、予算の都合上パスで。

乗らなくてもここの港からの景色はなかなか!海の青さ、丘の緑にたくさんの船。

港って何もしなくてもいるだけで楽しいよね。ぼーっとしてるだけで満足。

アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ アンタルヤ

バス使えば近くに滝とか自然豊かなところもあったみたいだけど、今回は時間も予算も

足りなかったので旧市街だけで満足。物価が安いおかげでスーパーでの買い物も楽しめたし。

スーパーに行くのも楽しみの一つだからね。その国で生活しているような気分になれるし、

その国でメジャーなものが何かもよくわかるからさ。

ちなみにトルコのスーパーで一番目に付いたのは紅茶と砂糖かな。そこら中で皆飲んでるだけ

あって、どこのスーパーでも必ず大量に置いてあったよ。

アンタルヤ アンタルヤ 中東でメジャーなお菓子クナーファ。メッチャ甘いチーズのお菓子って感じかな。アンタルヤ

トルコと言ったらイスタンブール・カッパドキア・パムッカレ・トロイなどの有名な観光地、

もしくは都市のアンカラやイズミルしか知らなかっただけに、今回地中海沿岸の都市

カシュ・アンタルヤに来れたのはとても良い経験になった。

やっぱ海辺はいいね、そして観光地化され過ぎてないところもイイ感じ。

また今度ゆっくりと来てみたい。

まぁ次こそトロイの遺跡は行ってみないとシュリーマンに申し訳ないかな。

ウザいのも多いし物価も高いけど、トルコも良いところだと思うよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です