パムッカレ→カシュへ移動。カシュは落ち着いててイイ感じだ!

カシュ

さて、とりあえずパムッカレの白さは晴れた中で見れたので、その日の午後に

次の目的地カシュへ向けて移動開始。

12:30にパムッカレからデニズリのオトガルまでミニバンで移動。

13:30デニズリ発フェティエ行に乗車。小さめのバスで今まであったような設備は何もなし。

読書か寝るかして時間を潰す。

17:20頃フェティエ到着。17:45発カシュ行へ乗り換え。

パムッカレからカシュへその日のうちに移動したい場合は、パムッカレを12:30発のバスに

乗らないと間に合わないので注意。フェティエーカシュ間のバスは17:45発が最終便。

ちなみにパムッカレーカシュのバスはパムッカレ社でなら通しで予約できる。

ただしパムッカレ発が9:30のバスのみ。それ以外の時間だと、一度フェティエまでの

チケットを買い、その後フェティエで自分でカシュ行を買う形となる。

バス会社はどちらの区間もFethiye Seyahatという会社

パムッカレ-カシュ

フェティエからカシュまでは2時間ちょっと。

海岸沿いなので道がくねくねしており、かつ明かりも少なく暗め。

そんな道を超スピードで飛ばすバスの運転手、当然の様に電話しながらの運転。

死ぬかと思った。あぶねぇ・・・

20時ごろカシュ到着。

オトガルから徒歩5分ほどの距離にあるANI PENSIONという宿のドミに泊まることに。

朝食付きで一人35リラ。これでもカシュでは恐らく最安。カシュは宿代が高い。

ウェルカムドリンクとしてもらったコーヒーを飲んだら町へ夜ご飯を食べに。

おすすめの食堂を教えてもらったが、残念ながら既に閉まっていた。

しょうがないのでテキトーに人が入っているところで夕食。ここも観光地なので

物価はカッパドキアなどとさほど変わらず。ただ何を頼んでも小さなサラダがついてくる

ようで、少し得した気分。

カシュ カシュ カシュ

カシュは小さな港町で、街自体に見どころが特にあるわけではない。

そのためか夜のカシュはとても落ち着いていて、ちょこちょこ欧米人の観光客らしき人たち

を見るものの、アジア人はほぼ皆無。客引きもあんまいないし、いてもうるさくない。

じゃあなんでカシュに来るのかと言えば、ここからギリシャであるメイス島に日帰りで

行くことが出来るからだ。そしてそこには青の洞窟と呼ばれる名所がある。

日帰りではあるものの、ギリシャは初入国になる。

メイス島・青の洞窟、どんなところか楽しみだ。

カシュ カシュ サッカー観戦中カシュ カシュ 昔飼ってた犬にそっくり!ビックリ!カシュカシュ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です