25にもなって年齢確認された話

料理酒

僕はあと1カ月で26になるのですが、それにも関らず本日年齢確認をされて

お酒が買えないという体験をしました。

料理酒はOK.白ワインはダメ

レジに持ち込んだのは3点。

料理酒、白ワイン、にんにくの3つだ。

しかし白ワインを通した時、レジ係ではなくレジそのものが反応した

「年齢確認してください、年齢確認してください、年齢確認してk・・・」

レジのおばさんはこちらを見て言った。

「何か年齢確認が出来るものをお持ちでしょうか?」

普段なら当然のように財布に免許証が入っているので、全く問題のない事態だ。

だがこの時は違った。

ランニングついでに買い物に来ただけだったため、免許証の入っている財布を持っていなかった。

僕は既に25だ。だがそうは見られなかったのか、はたまた後ろで見ていた研修生にいいカッコ

したかったのか、そのおばさんは規則を順守し僕から白ワインを取り上げたのだ。

ちなみに料理酒は大丈夫らしい。

本当に規則だから売ってくれなかったのだろうか

学生の頃はたまに年齢確認をされたこともある。

だが社会人になってからされたのはこれが初めてだ。

規則なのはわかる。けれどあの場においてレジの彼女は

果たして本当に規則だから僕に確認したのだろうか。

僕の考えでは、答えはNOだ。

あの時は、僕が未成年に見える要素が少なくとも存在していたのだ。

17:10分ごろにランニングするような格好でスーパーを訪れた男が社会人だとは

なかなか思わないかもしれない。まだ20代だし、この辺りには学生も多いし、

学生に見えたのかもしれない。

もし僕がどっからどう見ても60過ぎのおじいちゃんに見える人だったなら、

たとえレジという機械が反応したとしても、あのおばさんは見逃しただろう。

でもこれって、ある種の偏見ではないだろうか。

若く見えたから一応規則に従いますって、おかしくないか。

もちろん見逃しただろうというのはあくまで僕の憶測であり、

本当に彼女がそうするかはわからない。

だけど僕はほぼ間違いなく、彼女は見逃すと思う。

規則はあれども、その規則を適用するかどうかはその規則を執行する人間が

決めることが出来るのか。

本当はいけないことだけど。法律で決まっているはずだし。

なんか少しだけ損した気分だ。もし僕がもう少し老けて見えたなら、

間違いなくあの白ワインは買えた。

今晩の料理に使おうと思っていたのに、最悪だ。

まぁ若く見られただけ良しとするが、どことなくこの社会のゆがみを感じた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←応援クリックお願いします

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です