遂にイタリア!まずは水の都ヴェネツィアへ(ブレッド→ヴェネツィア移動情報有)

venezia

ブレッド湖を後にし、向かうは遂にイタリア!

まずはイタリアの北東部に位置する水の都ヴェネツィアを目指す。

ここブレッドからは電車→バス→電車と乗り継ぐことで移動可能。

以下まとめ。

1, Bred → Nova Golica (電車) 6.99ユーロ 2時間ぐらい

2, Nova Golica → Golizia Centrale (バス) 1.25ユーロ 10分ぐらい

3, Golizia Centrale → Venezia Mestre (電車) 14.5ユーロ 3時間ぐらい

After Bred we went to Italia finally.

At first we headed to Venezia where is called water city.

From Bred you need to take train and taxi.

1, Bred to Nova Golica (train) 6.99 euro  about 2 hours

2, Nova Golica to Golizia Centrale (bus) 1.25 euro  about 10 minutes

3, Golizia Centrale to Venezia Mestre (train) 14.5 euro  about 3 hours

最初の電車ではなぜか途中の区間をバスで行くという事態があった。

なので実際には2回バスに乗ったことになるが、まぁたまたまだろう。

途中窓の外に見える川が結構綺麗だった。透き通ったエメラルドグリーンって感じ。

ちなみにBredからNova Golicaまでのチケットは車内で、Nova Golicaから

Golizia Centraleまでのチケットはバス停で、Golizia CentraleからVenezia Mestreまでの

チケットは窓口で購入することが出来る。

We had to take another bus between Bred and Nova Golica but I guess

it happened by accident. 

We could see a beautiful river from the window. It was pretty nice.

You can buy a ticket inside the train (Bred – Nova Golica), at the bus stop

(Nova Golica – Golizia Centrale) and at the ticket counter

(Golizia Centrale – Venezia Mestre).

bred-venezia ヨーロッパの列車は落書き率が高い気がするbred-venezia Bredからの電車内bred-venezia Goliziaからの電車内bred-venezia

お昼ぐらいから移動を始め、夕方にはヴェネツィア到着。

ヴェネツィアには2つ駅があり、実はいわゆるヴェネツィアなのはSt. Luciaの方。

だがそっちは宿が高いし、何より観光客向けの店ばかりなので生活費まで高くなる。

僕らはお金に余裕がないので、VeneziaではなくMestreの方に宿を取った。

どうせMestre – St.Luciaはバス一本で行けるからね。

と言うことで、節約派はVenezia Mestreの方に宿を取ることをお勧めする。

We started to move from noon and got to Venezia around sunset time.

There are 2 stations in Venezia. What you imagine for Venezia is at St.Lucia.

But you got to pay more for hotel or food there so if you want to save your

money you should stay in Mestre. You can go to St. Lucia by bus from Mestre.

It’s very easy.

そんなヴェネツィア観光、残念ながら天気には恵まれなかったが、乗り物1日券を買って

色々と見て周ることが出来た。

ヴェネツィアと言ったら、水の都、仮面、ゴンドラ、ディズニーシー、

ワンピースのウォーターセブン、なんてものをイメージするだろう。

実際来てみると、それらすべてを目の当たりにすることが出来る。

あちこちに水路がある街並み、お土産用ではあるがたくさん売っている仮面、豪華な塗装が

されたゴンドラ、ディズニーシーに存在する風景、そしてワンピースの世界。

1日中歩き続けてると飽きてくるんだけど、最初の方はどれもこれもにおぉっってなる。

僕らからしたら完全に観光地なんだけど、ちゃんとここには人が住んでいるのも驚き。

家の目の前に水路があって、船で移動することも出来るとか。面白いよね。

細い路地裏に入ってみれば、洗濯ものが干してあったりしてそこに住む人々の生活を

感じることが出来る。多分表の観光客向けの通りより、こっちの方が全然良い。

Even though the weather was not really good, we enjoyed it with 1 day pass.

About Venezia many things come up to our mind and we could see all of those.

Water passes, masks, gorgeous gondolas, view in Disney Sea and the world of

Onepiece. We got tired those view at last but were surprised for all at first.

What was interesting is that there are many local people living there. 

You could feel it at the back street. Well it’s more interesting than main street.

venezia venezia venezia venezia venezia venezia 船用のガソリンスタンド?venezia

ヴェネツィア本当の他にも、ヴァポレットという船でいくつかの島に行くことが出来る。

単発で乗ると一回7ユーロぐらいするらしいので、乗りたいなら20ユーロの1日券を

買ってしまう方が良い。ちなみに本島内の移動もこれで出来る。

You can visit another island by Vapolet (water bus).

You should buy 1 day pass (20 euro) or you need to pay 7 euro every time.

You can also move around main land by this bus.

船で行ける島でおススメなのは、ムラーノ島とブラーノ島だ。

ムラーノ島はガラスで有名で、ガラス工房や綺麗なガラス細工をたくさん見ることが出来る。

ガラス製品好きな自分にとってはここはメッチャ気に入った。

あれ、前に弟に買ってあげたガラスのネックレス、ここで買ったら5分の1ぐらいの値段・・・

If you take Vapolet you should visit Murano island and Burano island.

Murano island is famous for glass. You can see glass factories and many 

products made from glass. I really loved it.

Well I should buy the neck less I bought for my brother here in Murano. 

It’s 5 times cheaper here…oh well.

murano murano

ブラーノ島はカラフルな家々が立ち並ぶ街並みがイイ感じ。

水路があって家が立ち並ぶって風景ではヴェネツィア本島と同じだが、こっちの方が

カラフルで面白いし、人も少ないので歩きやすい。

せっかくなのでとここで食べたピザとイカリングフライも美味しかったな。

In Burano Island you can see many colorful houses.

It’s same in the view of water passes and houses but here is more colorful and

easy to walk around because of less people.

Pizza and fried squid were very good.

burano burano

この2つの島とは別に、ブラーノ島から行けるトルチェッロ島と言う島にも行ったが、

ここには見事に何もなかった。数件の店と教会が1つあるのみ。

ただ後々調べてみたところ、実はこの辺りで最も人が多く住んで栄えていたのは

ここトルチェッロ島だったらしい。5~6世紀から人が住み始め、13世紀のマラリア被害に

よって人がいなくなってしまったらしい。

そんな背景を知ると、実はここが一番面白いのかもと思える。

毎回思うけど、観光地行くならちゃんと歴史を調べてから(もしくはガイドブックを持って)

行った方が良いよな。って反省はするんだけど、ねぇ。

We also went to another island called Torcello but there was nothing special

on this island but only a few shops and a church.

However I found out that there’re many people in Torcello from 5th – 13th 

century until Malaria spreads out.

After knowing the background I felt it the most interesting spot in venezia,

though there’s nothing much to see.

Well I should have checked the history before visiting those places, I know it

but I don’t do it all the time…

Torcello

そんなヴェネツィア、温暖化によりもうすぐ沈んでしまうのではないかと聞いたことがある。

ツバルとベネツィアと、あとどこだったかな。もうすぐ沈む場所3選みたいなのを

いつだったか聞いた気がする。

実際問題、本当に温暖化が進んでいるのかもわからないし、いつか沈むとしてもそれが

いつかはハッキリしていないんだろうけど、それでもこの場所が海の底になってしまうことを

想像すると、少し悲しいような、逆にファンタジーっぽくて見てみたいような。

うーん、出来れば昔栄えていたころのヴェネツィアと、今後観光地で無くなった時の

ヴェネツィアを見てみたい。なんて。

I heard that Venezia was sinking under the ocean.

I don’t know if it’s true or not but I wonder how it’s like if it sinks

under the sea. I wanna see that if possible.

Or I wanna see how it was when it was the glorious period in Venezia.

venezia

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です