遂に半分。ウィスキーと赤ワインと素敵な夜と ~スペイン巡礼19日目~

スペイン巡礼19日目

5:50起床。目覚ましをかけていなくても自然にこの時間に起きる。

だが大体いつも夜中に何度か目を覚ましてしまうし、必ず2種類ほどの夢を

見たことを覚えている。眠れてるようで、実は眠りが浅いのかな?

ここの宿は室内に共有スペースがないのでドミでパンとヨーグルトを食べ、

のんびり準備して7:02出発。

星がとてもきれいだ。オリオン座が綺麗に見えるし、

たぶんカシオペア座であろう星も見える。

そんな綺麗な星空が見えるぐらいの空だけあって、朝日もとても綺麗だった。

こんな美しい星空と朝日の下歩けるだけで、とても幸せな気持ちになる。

スペインの9月は日が昇るのが7時半とかなので、特に早起きしなくても

朝日が見れるのが良いところだ。日本だったらどんな時期でも7時前だろう。

スペイン巡礼19日目

昨日と異なり、開始数km地点に町が1つ、また数キロ地点に1つあるため、

どことなく歩きやすい。やはり町はこまめにあってくれた方が精神的に楽だ。

特にアップダウンがない道がずっと続いていたので、肉体的にも楽だった。

スペイン巡礼19日目 スペイン巡礼19日目 スペイン巡礼19日目

道路の標識にも次の街として掲げられている街に到着する。

遠くから見える分にはとても大きく見えたのだが、実際に入ってみるとそこまで

ではなく、期待していたスーパーも存在しなかった。

今日は日曜日なので、あったとしても恐らくやってなかったんだけどね。

実はこの町、このカミーノ・デ・サンティアゴのちょうど半分に位置するらしい。

確かに行程・日程的にもちょうど半分ぐらいだ。

と言うことは既に350kmは歩いていると。いつの間にそんなに歩いていたのか。

あっという間に半分が過ぎた。あと半分。そこに何が見えるのか、楽しみだ。

スペイン巡礼19日目 スペイン巡礼19日目 スペイン巡礼19日目 スペイン巡礼19日目

次の町がとてもややこしかった。

町に入るちょっと手前の道路にたくさん矢印があり、それが2手に分かれていたのだ。

真っ直ぐ行くと町に入るらしい。だがよくよく見てみると、左に曲がる矢印に

スペイン語でフランスと書いてあるものがある。つまり、フランス人の道だということ。

僕らが歩いているのはフランス人の道の方なので、自分は迷わず左側へ。

その後見つけた地図によると、どうやらこの先のとある地点までのルートが

2通りあり、町に入るルートは別ルートのようだ。

結構みんな迷ったらしく、その地図のところでもこっちで合ってるか聞いてくる

巡礼者もいたし、後々会った人で間違えて町に入ってしまったと言っていた人も。

行程表には途中で立ち寄るであろう町として載っていただけに、

余計にわかりづらかった。基本的に町があったら教会の横を通るようなルートに

なっていることが多いが、中にはそうでないものもあるからね。

写真を撮り忘れてしまったが、本当に矢印が無駄に多くてややこしかった。

だが本当に意味のある矢印はその中の2つだけ。

数多く見えるものも、実際に意味を成すものは少ない。

どれが大事なのか見極めること、その選択が大事なんだと教えられた気がする。

複雑そうに見えるものも、実は紐ほどいてみればシンプルなことの

繰り返しだったりするもんね。

スペイン巡礼19日目

目的地のアルベルゲには12:30到着。既に20人は並んでいるようだ。

このアルベルゲのベッド数は確か40程。ちょっと危なかったかな。

実際この後もどんどん人は増え続け、結局入れない人が出てしまった。

同じ町の他の宿もなぜかどこも今日はフルらしい。

13:30オープンまで待たされ、更にしばらく待たされた挙句のフル宣言、

もし自分がその被害者だったらキレるだろうな。

なんでもっと早く言わないんだよと。

外にいっぱい並んでるのはわかってんだから、オープンした時点で一回数を

数えてその時点で無理なら無理と言えばよいのに。

運営が雑なのも、アルベルゲの特徴だね。

ちなみにベッドにはありつけず(あとほんの少し早くついてればあった)、

部屋にマットレスをたくさん敷き詰めた雑魚寝部屋に通された。

まぁ寝れればいいんだけどさ。

スペイン巡礼19日目

スペイン巡礼19日目

夕飯前に珍しく同じアルベルゲに泊まっていたお遍路のプロの方々に一緒にウィスキーでも

どうかと誘われたので、ありがたく同席させてもらう。

初日から同じ行程を歩いてきて、19日目にしてようやくお二人のお名前を確認することが出来た。

とても元気で素敵なお二人で、自分も将来歳をとってもこの方々のようにカミーノと四国お遍路を

歩けるぐらい元気でいようと決意。

丁度同じ宿に泊まっていた韓国人のリーさんも近くにいたので一緒にみんなで話す。

リーさんは30代くらいかと思ってたら、まさかの51歳だとのことでビックリ!

仕事を辞めて今この時新婚旅行として2人でカミーノを歩くことは、

とても素晴らしいことだと言ってくれた。そういってくれる方がいるのはとてもうれしい。

カミーノを歩く人には高齢者の方が多い。彼らの姿から学べることはたくさんある。

まだ半分だけど、今の時点で既にカミーノを歩いて良かったと思える。

これがあと半分もあるなんて、あと半分もあるけるなんて、最高の贅沢だ。

ちなみにこの宿、珍しく夜ご飯付き。

スープ2種とパンとメロンと赤ワインというメニュー。

スープも美味しかったし、メロンもとても甘くておいしかった。

スペイン巡礼中、一番楽しかった夜かもしれないな。

~本日の行程~

日時:2015年9月20日

区間:Terradillos de Los Templarios – Bercianos del Real Camino

距離:約23.8km

時間:約5時間30分 (7:02 – 12:30)

天候:快晴(雲も風も無し!!)

気温:8~22度ぐらい

アルベルゲ:Casa Rectoral (寄付制)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です