カメラを沈めて失くした話

バンビエン

結局ルアンパバーンからハノイまでは28時間かかった。

今度からこの距離は刻もう。もしくは飛行機使おう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

バンビエン

バンビエンでの朝飯はサンドイッチかパンケーキ。

なんでかといえば安いから。

とは言え、ラオスはタイに比べて食費がかかるんだよな。

タイなら120円で食べられるものが、こっちでは220円したりする。

さて、この日はバイクを借りて市内から7キロ程の距離にあるブルーラグーンへ。

ガソリンが赤い。東南アジアの人はガソリンをペットボトルに入れて保管する。

バンビエン

アイランドにある竹橋を渡っていけば通行料を請求されないので、

節約したい人はそっちからいくと良い。

僕らは10,000Kかかる方を使ってしまい、後から後悔した。

がたがた道を走ること30分程。

途中で偽ラグーンへの呼び込みがあるという事前情報もあったが、

そんなこともなく(看板はあったけど)看板通りに行けばついた。

バンビエン
ブルーラグーンの入場料は10,000K。

敷地内に入るとすぐに飛び込みスポットはあった。

バンビエン

この日は土曜だったこともあり、地元の人や観光客でいっぱい。

飛び込んで水に濡れる前に、まずは奥にある洞窟へ行く。

入場料10000K。ライトを貸してもらい、いざ中へ(ライトが無いと入れないらしい)

中は電気などなく真っ暗。空気は冷たいが、湿度が高いのか汗が止まらない。

どこまで行けるのかはわからないけど、ここはそこまで広くはない気がする。

奥の方に光が見えたので行ってみたら、実は入り口から見える場所だったからね。

ぐるっと回ってその場所についたみたいだ。

せっかくなので写真撮影だけして、ブルーラグーンへと戻る。

バンビエン

そして、念願の飛び込み。

高さ5mほどの木の枝からジャンプ。結構高い。

深さは2〜3mぐらいありそうだ。

バンビエン

飛び込むのは、すごく楽しい。

だがここで一つのミスをした。

カメラで動画を撮りながら飛び込んだのだが、

水に入った時にカメラを手から離してしまい沈めてしまった。

2回飛んで、一回目も手から離しちゃったんだけど、その時は水に浮いたのでイケると思ったら

今度は沈んでしまった…

だけどまだ潜れる深さである。透明度も何とか潜れば見えそう。

ということで一度宿に帰り、ゴーグルを持ってもう一度ブルーラグーンに来て、

人が減るまで待つ。

すぐにでも潜りたかったが、人が多くどんどん飛び込んでくるので

危なくて潜れなかった。

2時間ぐらい待って、スコールで人が減った時に何回も潜って探してみる。

が、カメラは見つからなかった。

もう少し余裕を持って探せば見つかったとは思う。

だけど水も冷たく、風邪をひいていた自分にそこまで探す体力はなかった。

ものすごく疲労してしまい、さすがにこれ以上潜ったら危ないと思ったので

諦めて帰ることにした。

アホなことしたな。

盗まれるとか、他人のせいで無くなるならまだ納得できるけど、

完全に自分のせいで無くしたから結構凹んだ。

でもまぁ無くしてしまったものはしょうがない。

荷物が減ってよかったと思うことにしよう。動画ならもう一つのカメラでも撮れるし、

水辺では嫁に撮って貰えばいいんだしね。

そう思うようにしよう。

とか言いつつ、やっぱり今度はGoproが欲しくなってしまうのだが。。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←世界一周ブログランキングに参加しています。慰めクリックお願いします。

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です