ジョムティエンビーチのソンクランは楽しい!

ジョムティエンソンクラン

今日はこれからチェンマイに移動します。

約16時間のバス旅。わくわく

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

カオサンでのソンクランを経験して、もうカオサンでは二度といいやと思った。

パタヤに来た時にソンクランがまだ続いてて、かなりうっとおしかった。

ラーン島でまで水かけられて、もうほんと飽き飽きしてた。

だけどここジョムティエンビーチのソンクランは、とても楽しかった。

カオサンとの違い

カオサンでのソンクランは、若者たちがただばか騒ぎしているだけだった。

観光客も同じく、そのばか騒ぎの中に入ってぎゃーぎゃーしてるだけだった。

だけどここジョムティエンビーチのソンクランは違った。

みんな旧正月を祝ってるなって、そんな感じがした。

たとえばカオサンだったら人とすれ違う時(すれ違う余裕がある時間帯のとき)は

ただニヤニヤしながら水鉄砲打つか泥つけるか、ただそれだけ。

旧正月を祝うことが目的ではなく、はたまた水で清めることが目的でもなく、

水をかけ泥をつけることが目的であるかのように。

ジョムティエンビーチでは、多くの人が純粋に笑いながら

“Happy New Year” “コープンカー”と言いながら水をかけ泥をつける。

もちろんカオサンでもジョムティエンでも騒ぐことには変わりないし、

みんなが楽しんでいることには変わりはない。

だけど祭りの質として(もしくは行き交う人々の質として?)考えたとき、

僕にはジョムティエンビーチの方がよほど素敵だと思ったし、楽しかった。

人がそこまでごみごみしてなかったのもよかったのかな。

あと地元の人が中心だったのも良かった。

たぶんパタヤの方はもう少し外国人が多いんだろうな。ウォーキングストリートは

カオサンみたいなんじゃないかと思う(想像だけど)。

ちなみに僕らはカオサンで水鉄砲を捨ててきてしまったが、

宿の人が宿の前に大きな水桶や水鉄砲を用意していたので、

それらを借りて通りくる人々やソンテウに水をかけた。

隣の家から流れる音楽と、すれ違ってはつけられる泥と、

交錯する”Happy New Year”の声と共に、とても楽しむことが出来た。

タイに来て一週間。ソンクランには飽き飽きしてたけど、

最後は気持ちよく終わることが出来て本当によかったよ。

ジョムティエンソンクラン ジョムティエンソンクラン ジョムティエンソンクラン ジョムティエンソンクラン

Night Marketへ

その夜、夕飯を食べにジョムティエンビーチでやっているナイトマーケットへ行ってきた。

規模はそこまで大きくはないけど、いろいろなものがそこそこ安く食べられるし、

お土産や衣服も安めに買うことが出来るみたい。

迷ったけど、夕飯には大きな魚の塩焼きとご飯を食べることにした(魚100B,ご飯一人10B)

ジョムティエン ナイトマーケット

魚が何かはわからなかったけど、鮎の塩焼きとかと同じような味がした。

ナンプラー、もしくはものすごく辛いソースをつけて食べるともっとタイっぽい味になる。

以前見たときにすごく食べたいと思ってたものだったから、食べられてよかったよ。

ジョムティエンビーチ最終日の締めとして最高の夕食だった。

その後デザートとしてワッフル(10B)を食べ、フルーツシェイク(20B)を飲んで帰った。

ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット ジョムティエン ナイトマーケット

ジョムティエンビーチに来るなら是非来ることをお勧めします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←応援クリックお願いします

Sponsords Link
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsords Link
Sponsords Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です